つみたてNISAヘッダ


1.つみたてNISAおさらい

つみたてNISAおさらい
2018年1月から始まった「つみたてNISA」。始まってからそろそろ1年経ちますが、やってますか?

つみたてNISAについてはご存じだと思いますので、ポイントだけおさらいします。

つみたてNISAポイント

・年間40万円まで投資可能
・非課税期間は20年。この間収益に対して非課税
・投資可能期間は現状2037年まで
・NISAとの併用はできない(わたしも切り替えました)

なんといっても収益が『非課税』であることが強みですね。

通常の投資に対する課税は、「20%」の税率となっています。

単純に100万円儲かったら、20万円が税金として持っていかれます。手元には80万円ですね。

つみたてNISAだとこれがまるまる残ります。

2.つみたてNISAの運用実績


わたしは2018年2月の最終日から運用を始めました。満額積み立てています。

具体的には、毎日1,619円ずつ積み立てています。(1月1日から毎日積み立てると年間40万円となる金額)

2018年10月の評価益は-1円でした。株が大きく下落したため、とんとんの状態。今が仕込み時です!

長期投資なので、ほったらかしでコツコツ積み立てていきます。

つみたてNISA10月度

3.つみたてNISAの資産配分

ポートフォリオ
わたしは「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」一本で積み立てています。

理由は、MSCI-KOKUSAIインデックスに連動していて、手数料が安いからです。

「つみたてNISA」は長期間において積み立てるため、手数料がパフォーマンスに大きな影響を与えてきます。

よって、できるだけ手数料が安いファンドを選ぶことが重要となります。

わたしは投資対象銘柄を「国際分散投資」を意識して選定しています。

将来日本の経済が落ち込んでも、世界経済は伸び続けるという考えです。

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は、その中で現状最も手数料が安いです。

現在手数料は0.11パーセント台ですが、これは数年前からすると信じられないほど安い基準です。

4.20年でいくらになるか?


楽天証券の「積立かんたんシミュレーション」を使用してシミュレーションしてみました。

積立NISAは年間40万円までの投資が可能となるため、月額にすると33,333円の積立。

これを20年間、合計800万円の元本を投資した結果はこちら。

20年間シミュレーション

少々期待しすぎですが、年利8%の運用で11,633,898円の収益となりました。

本来なら約232万円の税金が掛かりますが、非課税になるので全額受け取れます。

5.確定拠出年金との違い

長期間で考える投資方法
確定拠出年金との違いは、ずばり資金の流動性です。

確定拠出年金は節税効果が抜群に高くもっともおすすめなんですが、自由に引き出すことはできません。

つみたてNISAはいつでも自由に引き出しができます。

もし、確定拠出年金の節税メリットよりも、資金の流動性を重視したい方はつみたてNISAを運用するほうがいいと思います。

つみたてNISAのような積立投資は相場の変動に強く、手間がかかりません。

忙しいサラリーマン向けの投資方法と言えます。

わたしもやってますが、元本割れを起こしていても、「そのうち回復するからいいか」と余裕を持って構えることができます。(事実回復します)

サラリーマンは忙しいので、投資なんかで精神的に疲れていてはいけません。

長期間で考える投資方法はとても気が楽なので、サラリーマンにとてもおすすめです。


NISA口座を楽天証券へ変更しました!やり方公開 : となりのサラリーマン

今までは、楽天証券とSBI証券が一歩リードしており、「どっちかなら良い」という状態でしたが、楽天カード決済によるポイント付与サービスが発表され、楽天証券が抜きんでた形となりました。・楽天カードで投資信託が購入可能!年間最大6,000ポイント貯まるわたしは現在SBI証