海外不動産投資実績

わたしが行っている海外不動産投資の2018年10月度実績です。

新興国の不動産で、バケーションレンタルで運営してもらってます。

先月の収支は収益が115,732円、支出が74,694円(ローン支払除く)でした。

海外不動産投資実績_10月

 ランニングコストが高い!!


とにかくランニングコストが高い!!

これは海外不動産投資に関わらず、今流行の民泊においてもいえる事ですが、光熱費などはオーナーもちです。代行手数料や管理費を合わせるとかなりの支出となります。

わたしもローン支払いでとんとんもしくはマイナスキャッシュフローです。。

 儲からないならやめればいいのに・・・


不動産を購入する理由は以下が考えられます。

不動産を購入する理由

①自分で住むため
②節税するため
③キャッシュフローが欲しい
④キャピタルゲイン狙い
⑤日本リスクに備えて海外通貨で収入が欲しい(海外不動産のみ)

わたしは主に④、⑤を目的に海外不動産を購入しました。

よって、大きくマイナスになることがなければわたしの考える出口まで持ち続けます。

まとめ

投資アドバイス
とにかくランニングコストが高い!!でも手間は一切かからないです。

安い時期に購入できていたので、特に不満はありません。大事に持ち続けます。

不動産投資の本質は、その物件の本来の価値よりも安く買う事。

新興国の場合は、今日1000万だったものが数年後には2000万になる。

そんな時間を意識した投資が重要だと考えております。

でも、昔の自分にアドバイスするならこう言います。
「もっと他にいい投資あるよ??」