奥さん、ソーシャルレンディングはじめるってよ

このたび、奥さんがソーシャルレンディングに投資することになりました。

資金が余っていて投資先を探しているようだったので、「ソーシャルレンディングなるものがあるよ」と話しをしたら、乗り気になって始めちゃいました。

「ソーシャルレンディング」が気になっている人は、このような要望や疑問があると思います↓↓

お金が欲しいけど、副業は疲れるからお金に働いてもらいたい。

FXみたいなハイリスクな投資はもう懲りた。。少額から投資できて安定した収益の投資先はないのかな?

定期預金に預けていても利息はスズメの涙。ソーシャルレンディングって儲かるのかな?

ソーシャルレンディングって信用できるの?


こんな疑問についてまとめました。




1.ソーシャルレンディングって何ですか?


ソーシャルレンディングとは「ネットでお金を借りたい人(借り手)」と「ネットでお金を投資して増やしたい人(貸し手)」とを結びつける融資仲介サービスのことです。

ソーシャルレンディングのしくみ
≪SBIソーシャルレンディング「ソーシャルレンディングとは」 画像元 https://www.sbi-sociallending.jp/pages/aboutsl≫

我々投資家はお金を借りたい企業や個人にお金を貸してその利息を貰います。 

イメージとしては、銀行の融資を個人が行うイメージに近いです。

違いと言えば、銀行のように直接借り手とやり取りすることはありません。

個人で借り手を見つける必要はないですし、お金を貸す相手を見極める必要もありません。

なぜなら、借り手と貸し手を繋げる、ソーシャルレンディング事業者が間に入るからです。

ソーシャルレンディング事業者は借り手が支払う利息から手数料をもらうことによって、このサービスを運営していきます。


ソーシャルレンディングについての概要がもう少し詳しく知りたい方は、maneoの解説動画がわかりやすかったのでご覧ください。ソーシャルレンディングの概要が約3分半ほどで分かります↓↓



2.ソーシャルレンディングのメリット


ソーシャルレンディングをひと言でいうと「株やFXのような値動きがなくて定期預金以上の利息が期待できる」商品です。つまりミドルリスク・ミドルリターンの投資商品ですね。

このような安定して利益が見込める投資は数少ないです。ましてや少額から始められるものはそうありません。

日本は高齢化により社会保障費が膨らむ一方で、手取り給料はほとんど上がりません。

これからはお金に働いてもらい、増やす時代です。この大きな助けとなるツールの1つが「ソーシャルレンディング」です。

では細かくメリットを見ていきましょう。

初心者であってもパフォーマンスを出しやすい

初心者パフォーマンス
選ぶ業者を間違えなければ、比較的ソーシャルレンディングはパフォーマンスが安定しています。

悪質な業者を選んだり、融資先の企業が貸し倒れを起こさない限り、投資元本が減少することは、ほとんどありません。

そして、選んだ案件が同じであれば投資初心者であっても経験者であっても投資パフォーマンスには差が生じないのが、ソーシャルレンディングの魅力のひとつです。

業界平均利回りは約8%

ソーシャルレンディングの最大の魅力は何といっても利回りの高さです。

各案件によってそれぞれ違いはありますが、クラウドポートの調べでは、2017年の業界平均利回りは約8.4%(年利、税引き前)。定期預金や国債など他の金融商品と比較してみても、かなり魅力的な利回りとなっています。

利回りが高い理由は、「融資先企業から高い金利収益を受け取ることができている」からです。

高い金利でも成り立つ理由はこちら↓↓
①銀行から融資を受けられない、もしくは銀行融資だけでは資金が足りない企業に貸し付ける。
②高い金利で融資をしても採算の合う収益性の高いプロジェクトを対象にしている。

①に関しては、「銀行から借入もできないような企業に融資するなんてリスクが高い」と思うかもしれませんが、今の"型にはまった"銀行の融資審査基準によって、利益がしっかり出ていても創業年数が浅くて融資を断られるなど、融資を受けたくても受けれられない企業が世の中にはたくさん存在します。

銀行と異なり、ソーシャルレンディングが重要視するのはあくまで貸したお金が返済されるどうかです。

新しい資金調達の可能性を求めている可能性のある企業に、高い金利で貸し出すからこそソーシャルレンディングの利回りは高いのです。

少額からの運用が可能

少額から投資可能

ソーシャルレンディングは最低1万円から投資が可能です。

まずは少額からお試し感覚でチャレンジできるのは嬉しいですね。どんな投資でもそうですが、慣れてきてから投資額を増やしていくことが鉄則です!

サラリーマンはこれから忘年会シーズンですが、飲み会を2回ほど我慢して1万円を捻出し、チャレンジすれば失敗してもダメージはありませんね。

3.ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングの歴史
今までソーシャルレンディングに投資しなかった理由は、できたばかりで実績がなく信用できないと思ったからです。

ソーシャルレンディングの『リターン』は明確に記載されているのでわかりやすいですが、実績がないので『リスク』が見えにくいという側面がありました。

当たり前ですが、投資にはリスクが付き物ですので、あとはリスクさえしっかり理解することができれば投資対象となり得ます。

最近はある程度実績ができ、『リスク』について見えてきたと思います。

では細かくデメリットを見ていきましょう。

投資中は資金を動かせない

ソーシャルレンディングには、必ず余裕資金でチャレンジするようにしましょう。

なぜなら、一度ファンドに投資してしまうと運用期間中は資金がロックされ、途中解約することが原則できません。

急に資金が必要になった場合でも、運用期間終了まで待たなくてはなりませんので、必ず長期間使用予定のない余裕資金で行うようにしましょう。

ソーシャルレンディングへの投資自体は1万円からスタートできるので、ほぼ誰でも無理なく開始できると思います。

ソーシャルレンディングの貸し倒れリスク

貸し倒れリスクに備える
ソーシャルレンディングで最も懸念されるリスクは、融資先企業の貸し倒れです。

借り手企業の事業不振などが理由で、貸付金の返済ができない状態になると貸し倒れとなります。

投資家にとっては投資資金の一部または全額が返済されないため、損失を被ることになります。

数年前までは大手ソーシャルレンディング会社でも個人向けに貸し出しを行っていたので、貸し倒れが発生していましたが、現在では大手ソーシャルレンディング会社は企業向けにしか貸し出しを行っていないので、貸し倒れが無くなりました。

そして、貸し倒れになることを想定して現在では各社でしっかりと対策を立てているようです。

事業者によっても異なりますが、多くは融資先との間で担保・保証に関する契約を結んでリスクヘッジしています。

ソーシャルレンディング事業者の信用リスク

ソーシャルレンディング事業者の信用性
ソーシャルレンディング最大のリスクは運営事業者の倒産です。

ソーシャルレンディング自体が新しい仕組みであるため、運営事業者についても設立から数年の比較的規模の小さい新興企業が多く、必ずしも経営状態は良好とは言えない企業もいます。

運営事業者の経営が悪化し倒産した場合は、投資家が預けている資金が還ってこなくなるリスクがあります。

新興の業者が「年利12%」のような利回りの高い商品を出していたら、注意が必要ですね。わたしは手を出しません。

また、顧客の資産をきちんと管理してくれるか?も重要です。

私たちがお金を預けるのは融資先ではなく、間に入るソーシャルレンディング事業者です。

事業者がしっかりお金を管理できていないとお金が返ってこない可能性もあり得ます。

仮想通貨でいうと、コインチェック事件がこのケースですね。
我々が預けたお金をきちんと管理できていなかったから、ハッキングによってネムが盗まれました。

こういう事態に陥らないためにも、『貸したお金が期限内にきちんと返ってくる』と信用できる事業者を選ぶ必要があります。

4.ソーシャルレンディングの将来性

ソーシャルレンディングの将来性
世の中にはお金を借りることができれば大きく発展できる事業がたくさんあります。

10年近く前の話ですが、発展途上国で常識外の高金利でお金を貸し付ける投資サービスがあると聞いたことがあります。

サービス提供元が怪しすぎたので、どうせ詐欺でしょ?と思いましたが、新興国では高い金利を支払ってでも事業を進める価値があるということは納得できました。

新たなモノやサービスを生み出せば、リターンは莫大です。それに比べると金利の高い低いは誤差程度ですから。

ソーシャルレンディングの良い所は、ひとりひとりの投資額は少なくてもたくさんの人が投資すればかなりの金額になることです。

そのお金を、これから成長していくベンチャー事業に投資することによって、新たなモノやサービスを生み出す力が加速されます。

利息という対価をもらって社会貢献にもなる!これぞ投資の醍醐味だと思います。少額から始められるので、これから個人の投資資金がどんどん集まってくると予想されます。

事実、ソーシャルレンディングの比較サイトを運営するクラウドポートの調査によると、2017年の市場規模は前年比2.5倍の1316億円に伸びているそうです。

わたしは「ソーシャルレンディング」はこれから成長していく分野だと確信しておりますので、コツコツと余剰資金を投資していきます。(奥さんが(笑))


5.我が家の結論

SBIソーシャルレンディングを軸に広げる
ソーシャルレンディングは事業者選びが大切です!
利回りだけで選んでは絶対ダメ。

我が家ははじめて「ソーシャルレンディング」に投資しますので、一番重要視したのは「安心感」です。

その結果、「SBIソーシャルレンディング」に投資することに決めました。

まずは「SBIソーシャルレンディング」を軸に、信用できる会社があれば徐々に手を広げていこうと考えています。



⇒<公式>【SBIソーシャルレンディングに登録する



SBIソーシャルレンディング



SBIソーシャルレンディングに投資する経緯をこちらの記事で書いてます↓↓
100年預けてもほとんど増えない銀行預金はもうやめました。

SBIソーシャルレンディングで太陽光発電に投資し、年利8%です。
地球環境への貢献にもなるし、もちろんリターンももらえます。

●1話
関連記事:奥さんがソーシャルレンディングはじめた話

●2話

●3話

●4話

●5話



楽天関連のお得な記事も書いてます。


期間限定ポイントを利用して楽天モバイルの携帯代を0円にしたときの話を記事にしています。
関連記事シリーズ:【格安SIMの節約実績


10,000円の寄付で8,596円相当のホタテ貝柱2kgをGETし、さらに900ポイント以上の楽天ポイントをGETした話を記事にしています。
関連記事:【子供が大好き】楽天ふるさと納税で10,000円寄付してホタテ貝柱2kgをお得にGET


楽天の期間限定ポイントを使って電気代をお得にするため、楽天でんきに申し込んだ話を記事にしています。
関連記事:【比較したらENEOSでんきより楽天でんきがお得だった件


貯まった楽天ポイントは投資に回しましょう!元手0円で投資する方法を記事にしました。合わせてみてください。
関連記事:【元手0円】初めて投資をするならまずはポイント投資で慣れましょ!


楽天証券がお得すぎて、SBI証券から楽天証券につみたてNISA口座を変更した話しをこちらの記事で書いてます。よろしければ合わせてお読みください。
関連記事:【NISA口座を楽天証券へ変更しました!やり方公開


ポイントがざくざく貯まる楽天カードをまだ持っていないなら、この機会に是非つくっておくことをおすすめします。別記事でも書いていますが、いろいろお得です!
⇒<公式>【楽天カード新規入会