SBIソーシャルレンディングで投資してみました

習うより慣れろということで、ソーシャルレンディングを利用して、はじめて投資しました。


関連記事:奥さん、ソーシャルレンディングはじめるってよ
     【まずは1選】初心者がSBIソーシャルレンディングを選んだ理由


今回は実際に投資した経験を書いていきます。



1.投資したSBIソーシャルレンディングの案件


はじめての投資に選んだのは、大好きな再エネ案件。太陽光発電プロジェクトに投資してみました。

選んだ理由は単純で、『自分でも太陽光発電やっている』ので内容を理解しやすかったからです。

また、埋める場所も決まっていない『核のごみ』を排出し続ける原発や、CO2をまき散らす火力発電よりも、いちサラリーマンとして、いち地球人として再生可能エネルギーの普及に貢献したいと考えています。投資を通じて地球温暖化の防止に貢献したいんです。

ファンド概要ポイント

売電単価は2013年の36円/kWhなんですね。
出資募集金額は16億8,000万円、運用期間24ヶ月、年間利回り8.0%の太陽光発電事業に貸し出します。

利回り高いですね~。リターンが高いということは、その分リスクもそこそこあるかもしれないと勘ぐってしまいます。

ファンド概要

担保については16億8,000万円の募集に対し、16億9,000万円の担保が入っています。上のファンド概要図を見ると担保は3つ↓↓
①借り手の出資持分(100%)
②発電用地の地上権
③設備予定の発電設備一式+売電権利(36円/kWh)

個人で土地付太陽光発電の融資を受ける際にも、土地などに抵当権を設定して融資を受けることがありますが、それに+αといった感じの担保設定のようですね。

担保の評価価値が妥当かどうかが見えにくいですが、募集金額よりも担保評価額の方が1,000万円ほど大きいので、ある程度の安心感はあると判断します。

 実際に投資してみる

最低投資金額は5万円でしたが、元本割れの可能性は少ないと判断し、その旨を奥さんに伝えていくら投資するかを打診。

アドバイスはなくなってもいいと思える金額からはじめた方がいいよ。

(・・・なくなってもいい金なんてね~よ。という顔をしながら)

15万円を投資することに決定!案外強気ですね~。


出資する案件を選択して、出資金額に15万円と入力し、規約を確認します。
①ソーラーファンド申込み

ファンド情報を最終確認して、「確定」を押します。

②SBIソーシャルレンディング確認

無事申込は完了しました!初めてのソーシャルレンディングに申し込みました。
③申し込み済み

この後はSBIソーシャルレンディングへ出資金を送金します。

銀行振込で単純に指定された口座へ出資金額を送金するだけなので、なにも難しいことはありませんでした。

2.結果を公開していきます

結果を公開
ソーシャルレンディングは毎月利息が支払われるので、今回投資した案件については月に1回状況を記事にしていきたいと思います。

考えたくはないですが、『分配金が遅延した!』などが発生した場合にも、隠さず報告したいと思います^^u



⇒<公式>【SBIソーシャルレンディングに登録する



SBIソーシャルレンディング



ソーシャルレンディング関連のその他記事はこちら↓↓↓
100年預けてもほとんど増えない銀行預金はもうやめました。

5万円からでも太陽光発電投資ってできるんです!

地球環境への貢献にもなるし、もちろんリターンももらえます。我が家も最近始めました!年利は8%です。その時のお話はこちら↓↓

●1話